様々な給湯器

予算に合わせ買い替え

給湯器の導入のススメ

給湯器は消費物であり交換が必要になる時がきます。一般家庭の場合、通常だと十何年以上も使用してる場合が多く故障などで交換時期が来たときは、交換しようにも部品が無かったり現在のモデルと比べて性能や効率が悪かったりとデメリットの方が多いため交換より買い換えをおすすめします。ベーシックなエコジョーズは定価26万〜30万になります。人気のエコキュートは70万円前後になり、倍以上の高い設定となっています。最近ではRinnaiではエコワンと呼ばれるハイブリッドモデルが発売されており、定価は80〜90万円と他モデルと比べ一番の高額となります。しかしこれらは量販店や通販で大幅に値引きがされており、およそ30%〜70%OFFでの購入が可能なので良く探すのが良いでしょう。

各機種の特徴とメリット

ベーシックなエコジョーズはガス方式になります。初期投資は圧倒的に安いですが光熱費は従来の給湯器のように高くなります。次にエコキュートですが、これはヒートポンプ技術を利用してお湯を作る空気給湯器で、フロンの代わりに二酸化炭素を利用しています。主に夜間の電気を使うため光熱費が安くつきます。またガス方式と違い停電時でもお湯を出すことが可能になっています。最新のハイブリッドモデルの給湯器ですが、これはガスと電気を使い分ける方式です。例えば電気だけの場合だと昼間だと電気の割引が低いため高く設定されているため割高になる場合があります。そこで夜は電気、昼間はガス使用に切り替えることでさらに光熱費を抑えることが出来るのが最大の特徴です。このように、各機種を特徴を見て自分の環境と予算に合った導入を考えていきましょう。